So-net無料ブログ作成
痛恨のバラシ特集! ブログトップ

106日目 9月痛恨のバラシ!! [痛恨のバラシ特集!]

マップ.jpg

5:00出港で行って来たっす!
noaaで見たのと違って瀬の近くにはいい潮無く、ずいぶん南下して始めました。
緯度的に利島くらい南下したっす!!!
ようやく青い潮で26℃に遭遇。でも、27℃28℃があると思い探しましたが
見つけられませんでした。

野島沖.jpg

7:00に開始。50分後にミドルに引いていたタイタンにヒット!!!
水温26.3℃と低かったので期待していませんでした。
水柱が立って何者かがヒットしたときも、シイラのデカイのだと思っていました。
5秒後にゴーしても、ジャンプしません。
糸の出が最初ゆっくりで、その後に徐々に加速、止まりません。
この引きは…。もしかして。

他のタックルを片付け始め、ジャンプするかもしれない相手を見ようと
顔を上げた時、
左舷真横100mでカジキがジャンプジャンプジャーーーンプ!!!
「なんだ、カジキだ!!!」

タイタン.jpg
【カジキの角でバサバサになったタイタンのリーダーを直しました!】

もうすでにUの字に反転して船の横いたんです。
前にUの字で切られていたので微速前進をとりあえず、ストップさせようと
ハンドルを握った時、ロッドが立ちました。
「切れた???」
慌ててハンドルを回しますがテンションは掛からず…。
切れていませんでしたが、痛恨のフックオフでした。

もーーーーーーーーっ!!!!!
なんでやねーーーん!

くやしーーーっす!!!

これまでの最大魚→もちろんファーストマーリン! 45kg!
2008年 カジキ0   キハダ1 カツオ1 シイラ9 ソーダ1 サバ6
                        カサゴ4 グレ?1 キス4 メゴチ2 ハゼ1 トラハゼ8 イイダコ1
2007年 カジキ1
2006年 カジキ0
2005年 カジキ0

ブログランキング参加中!

ポチッとしてね


またしても痛恨のバラシ! [痛恨のバラシ特集!]

カジキ3HITマップ.jpg

僕がカジキを釣り上げる日98日目 2008.7.24

4:20出港で行ってきました!
日の出も4:45くらいと遅くなってきました。
日の出30分前くらいから明るんで来るんですよ!

千波崎沖からウドネ出し方面を2時間半引き、まったくカスリもぜず、
「あちゃー、やっぱダメだー」
みたいな。
じっくり同じところを引くか、大島と利島の間を抜けていく潮を
探ってみるか…同じ所はやめて違うところにしたっす!

そしたら、あきらめかけていた所に、
ロングのマーリンマジック(キョロちゃん)に、いきなりヒット!!!
すかさず、後ろを振り返るとシイラジャーーーンプ!!!
残念。130cm程のシイラのヒットシーンとファイトシーンが撮れました!
シイラをリリースして、もう今日はカジキは無理だと思ってカメラを止めたまま
再び引き始めると10秒でミドルに引いていたスラマーヘッドタイタン9.5にヒット!!!
「またシイラだよな…」
と思って振り返ると、
カジキジャーンプ!ジャンプジャンプジャーーーンプ!
なんでカメラ止めた瞬間に来るねん!!!!!
思わずジャンプしてるのに、手がゴーしてしまいました!
フックが外れたーーーーー!!!
がっくーん。

糸を巻き戻して、さらに引いていると、スラマーヘッドに絡みつくように
食いついてくるカジキがヒット!
前のフワフワ食いではなく、首を振りながらのバイトです!
水しぶきが上がってカッコイイ!
でも、フックアップせず!
またまた、糸を巻いてスラマーヘッドのルアー位置を確認しているうちに
またまた首振りバイトーーー!!!
勢い良く糸が出ますが、やっぱしフックアップせず!!!

これは必ず釣れる!!!
みたないな雰囲気で、粘って引き回しますが…
それ以降は音沙汰なしっす!

なんでこうなるのーーー???!!!

今年はカジキのヒットが凄く多くてビックリしているんですけど、
一匹も釣れてないっすぅ…。

以下、追加っす!
イラスト.jpg【カジキ男バラシ図】
書いてみましたー!
もうひとつ書きかけなんすけど、こっちはウチワネタ。
連日猛暑で大変すが皆様がんばって下さいね!
水の補給はこまめに!

これまでの最大魚→もちろんファーストマーリン! 45kg!
2008年 カジキ0   カツオ1 シイラ3 ソーダ1 サバ6
                        カサゴ4 グレ?1 キス4 メゴチ2 ハゼ1 トラハゼ8 イイダコ1
2007年 カジキ1
2006年 カジキ0
2005年 カジキ0

ブログランキング参加中!

ポチッとしてね


2時間ファイトの末の痛恨のバラシ! [痛恨のバラシ特集!]

2時間ファイトマップ.jpg
僕がカジキを釣り上げる日96日目 2008.7.17

(全身筋肉痛っす~あぅ~…。
さて、青字の部分を書き足しました!
お急ぎの方はそこだけ見てね!)

うー疲れたっすー。
ささーっと書きますね!眠いので。苦笑

4:10出航ですが、南風強く波高くステイ&トローリングスピードで進みます。
沖の山を過ぎる頃から徐々に風収まり、ようやく20ノットくらいで千波崎沖に向かいます。
大島西では水温23℃ほど、千波の瀬の上では24℃ほどになり引き始めます。
8:30です。時間掛かり過ぎ!

ウドネマップ.jpg【追加 こんな感じかな?】

最初の2時間半くらいはまったくヒットせず、
11時になりもうやめようとした残り10分で3連続ヒットっす!
2回ファイトしました。

11時近くになって動画撮影をやめ片付けはじめていましたが、
強烈な潮目があって低い方が23℃台、高い方が26℃台という水温差で、
ここだけやって帰ろうと思っていたら、いきなり、キターーーッ!

一回目のヒットはロングに引いていたボブシュナイダー(BYR-50BL 青白の奴)です。
ドラグがぎゅぎゅぅぅぅと鳴っただけで魚種分からず。
しかし、3分後に魚種は判明しました。

ルアーを見ていると、ショートに引いていたスラマーヘッド(LYNX-MX青白)の後ろに
角がフワフワっと出て、すぐにいなくなり、次にまたフワフワと出ていなくなったと
思った瞬間にヒット!
ドラグが鳴って凄い勢いで糸が出ていきます。
今度は5秒待ってゴー!

すると大きなカジキがジャンプを繰り返します!やった!100kgくらいありそう!
他のロッドを片付けてファイト体制に入ると、カジキはすでにUの字左舷方向に
走っていてまたまたジャンプを繰り返します。
重さとドラグ音を感じつつ、船をカジキの方向に向けながらじっとしていると!
プッツリ切れましたぁ!
リーダーのつなぎ目でした。がっくーん。

この時、僕は完全に興奮していてカメラセットを忘れていました!
もしセットしていれば凄いジャンプシーンが何度も撮れたのにぃ!!!

3回目は糸をつないで引き始めると5秒で
ロングのボブシュナイダー(BYR-50BL 青白)にヒット!
入れ食いだぁ!
ゴー!!!
フッキングしてカジキがジャンプしまくります!
これはもらった!
と思ったのは甘かった!
それから2時間もファイトすることに!

カジキは何度もジャンプを繰り返していて、その間に糸を巻きたいのですが、
全然巻けません。微速後進にしてもなかなか巻けず、糸は350m以上出てしまっています。
このタックルはDAIWA トーナメント6000 に リップルフィッシャー507 ということで
使用タックルの中では一番弱く、糸は400mしか巻けていません。
ということは、あと50m程で糸が無い!
計った訳でないので正確なトコロはわかりませんが、スプールの芯が細~くなってきたのが
全てを語っていまっす!苦笑! いや、笑ってる場合じゃないっす!

しょうがないので微速から低速後進にしてやっと巻き始めることができるように。
それでもカジキは何度もジャンプしながら糸を出して行ったり来たりで30分が経過。

ようやくジャンプもおさまりかかって、引き寄せたいのですが、
魚の頭がこっちを向かないのでなかなか寄りません。1時間は覚悟していましたが
2回ほどの半身ジャンプのいなしを含んで、あっという間に1時間経過っす!
この辺からジャンプはしなくなりましたが、なかなかリーダーが入りません。
前はこんな感じから魚の頭がこっちを向いた時に微速前進にしてカジキの泳ぐのと
カジコンが進むのを同期させて距離を詰めてギャフを打ったのですが、
どうもそうは行かないようです。

大きなカジキはパワーがあってこんな感じなんだな。
と、思い、ちょっと甘く見ていたなって思いながらファイトです。
経験不足が取り込みのことまで詰めて考えていなかったっていう感じっす。

ようやくリーダーが見えて、よーし、っと気合を入れますが、
ワイドに気を張らないと泳ぐ方向に船を向けられず、カジキに前方へ出られてしまいます。
後ろ向きでの操船なので腕が不自然な感じでしか操船できません。
しかも、一旦前に出られると、ロッドを船の横に出さざるを得ず、ハンドルまで
両手を広げて応戦するしかありません。
実際の様子を想像できますでしょうか?
絵を描きました!
下を見てね!

ヒィ図.jpg【追加 いやマジで!】

どうでしょうか?
凄い事になってるっていうか、爆笑でしょう?
これが1回2回じゃないんです!
距離を詰めるたびにこうなってしまうんです!!!

そんなこんなで、何回かリーダーを掴んではリリースしているうちに見えました!
尾っぽにリーダーを巻いていて全然寄らないのでっす!
尻尾の付け根にぐるぐる巻きになっているのが見えて、しかも付け根が白く変色してるっす!
もう少しでギャフが届きそうなのに届かない!
魚があっち向いてグイグイ泳ぐので全然寄らない!
もうヘトヘト!しかもあんまり大きくない。前の45kgよりはデカイけど、
100kgない、たぶん80kgくらいじゃないかなあ?

っていうか、これいつまで続けるの~号泣!!!
最後の手段!高速バックで一気に!

そしたら、船底に入ってしまい、ハンドルを動かしたいけど、
ロッドがつの字に曲がって糸が真下なんす。ハンドルに届かな~い!!!
しょうがないので無理矢理ロッドホルダーにねじ込んでハンドルを取って難を逃れます。
ロッドは完全に円を描き切っています。しかもなんだか横方向に曲がってるっす!
ほんと折れないんすね! ロッドって! ほんとにそう思いました!

ここでハッと気づきました。そのまま微速前進で糸をジリジリ出しながら、
ポカリスエットを飲むことができたのです。そして、マオさんに電話してなんかいい作戦教えて
もらおうかな? とか考えたけど、これじゃどうしようもないな、ということで、
もう呆然としてました。このまま南へ南へ流されてマカーオの所まで行っちゃうのかな? とか。

それでも気力を振り起こしてまた寄せを試みます。
こんな船底に入り込まれること3回目!
わぅ、3回も?! もうほんとヤレヤレです。
とうとう擦れてジエンド! あぅ~!
2時間の格闘に勝負は付きました。

それにしても今日は楽しかったなーーー!!!

(全身筋肉痛なんすけど、特に両肩付け根が痛い! 筋肉痛じゃなくて関節炎かも?!
背中方向に腕を伸ばしてハンドルをグイグイ!2時間っすから当たり前か!!!)

これまでの最大魚→もちろんファーストマーリン! 45kg!
2008年 カジキ0   カツオ1 シイラ1 ソーダ1 サバ6
                        カサゴ4 グレ?1 キス4 メゴチ2 ハゼ1 トラハゼ8 イイダコ1
2007年 カジキ1
2006年 カジキ0
2005年 カジキ0

ブログランキング参加中!

ポチッとしてね


カジキ3HITも痛恨のバラシ! [痛恨のバラシ特集!]

カジキバレMAP.jpg

僕がカジキを釣り上げる日93日目 2008.7.10

4:00出港で行ってきましたよーーー!
海は凪でとても良かったっす。
でも瀬の上は盛り上がって怖かったですけどね。

千波からウドネ出しへという考えもあったのですけど、
カジコンは野島方面、MAPの場所へ一直線!

200807100349000.jpg

今日のルアーは、スラマーヘッド、トップガン、ボブシュナイダー。
最初はショートにスラマーヘッド、ミドルにトップガン、ロングにボブシュナイダー。
トップガンの泳ぎがいまいちなのでショートにしたら良く泳ぎだしました。

カツオ.jpg

水温が23℃を越える辺りからトリが沢山いて、あちこちでカツオナブラが見えるので
一匹だけと思いカツオルアーをロングに流しました。
するとものの30秒でカツオが掛かり写真の少し大ぶりのカツオをゲット!
またカジキ用ボブに変更して流しますが、なかなかヒットしません。
シイラすらヒットしません。

9:05にショートに引いていたトップガンにヒット!
ギュギューーーというドラグ音。
しかし、すぐに外れてしまいました。
「なんだ? シイラかな?」
くらいに思っていました。
糸を戻して引くとまたすぐに、
同じトップガンにヒット!
ギュギュギューーーーー!
これまたスロットルを倒す前にバレてしまいました。
「なんだペンペンシイラじゃない???」
と思って、観察していたら、
またまたトップガンに!!!
いえ、トップガン後方2mくらいに角を突き出したのです!
「わぅ! カジキだぁ!」
ショートは20mほどなので、口の中まで見えています。

でも、なんていうんでしょうか、
角を突き出してフワフワ浮かぶ感じなんすよねー???
カジキのこういうの見たこと無いので、ビックリっす!
もっとこうバシャッとやるのかと思ったらスローモーションで。
僕がビックリしてスローな感覚に襲われたのかもしれませんけど。
角はあの45kgのよりもはるかに大きい感じがしました。

その後は期待ビンビンで引き回しましたが、
なかなかヒットせず、10:00頃になって、
ミドルに引いていたスラマーヘッドにヒット!
今度はギュギュギューーーーー!!!と、20mくらい出したところで
スロットルを倒してフッキング!!!
でもでーも、フッキングしないでそのままバレてしまいました!
がくーーーーーん!

あとで調べたら、ロングのボブにもカジキの噛み跡、リーダーがザラザラ!
いつの間に!

結局、カツオだけで終わってしまいました。
でも、こんなにスグにカジキをヒットさせることができてとても嬉しいでっす!
やった!今度はファイトするぞーーー!いや、ゲットもする!

これまでの最大魚→もちろんファーストマーリン! 45kg!
2008年 カジキ0   カツオ1 ソーダ1 サバ5
                        カサゴ4 グレ?1 キス4 メゴチ2 ハゼ1 トラハゼ8 イイダコ1
2007年 カジキ1
2006年 カジキ0
2005年 カジキ0

ブログランキング参加中!

ポチッとしてね


沖の山ブッチン! [痛恨のバラシ特集!]

【無くしたボブくん】

7:20出港で行ってきました!
野島崎南西沖→布良瀬→沖の山

9:30野島崎南西到着。1時間ほど引っ張ってみましたがノーバイト。
布良瀬に移動したけど小シイラをゲットしただけです。

最後は沖の山。11:00を回っていたと思います。
残り燃料も少なく、南西を部分的に引き帰るつもりでした。

沖の山南西では潮色も良く、東西に長く伸びる潮目がはっきり出ていて
それに沿って流していきます。
どこも他のボートはいなかったけど、
沖の山ではちょうど別のクルーザーが一艘南西側に入って来た所でした。

そのクルーザーとすれ違った時、前方300mの潮目中央で
何かがジャンプしました。
「あれ?!デカイ!」
シイラとかの魚影じゃないのは一目瞭然でした。
ドッパーン!っていう感じです。
「イルカとかサメ?」
目を凝らすと2度目のジャンプ、というか、
頭を振りながらの水面踊り?!
「絶対アレ、カジキだ!!!スゲー!!!」

心臓がバクバクしだし、落ち着かない!
前見たり後ろ見たり、速度見たり…。苦笑。
そのままボートを進め、ジャンプした場所の真上を通るように引いていきます。
「居れば必ず食うってよく言うよな」
誰かが言った言葉を思い出しました。

そして、ジャンプした場所の真上を通ったその時!
短く引いていた黒いプロトに大きな魚影が…。
「チェイスだ!チャイスチェイス!」
初めて見るチェイスで、思わず声に出して叫んでいました。苦笑
心臓はドッキンドッキン!
しかし、すぐにプイッっとどこかに行ってしまいました。
「あっちゃー、やっぱダメかー!」
「でも、はじめてチェイス見たーーー!」
初めての体験が2度も続いてゴキゲン!

で、そのまま、引いているわけですけど、
「これってUターンすんの???」
みたいな。笑
でも、もう燃料も危ないし、Uターンしてここ300m引いたら帰ろうと思っていました。
実はもうかなり満足していたんです。
なんたって、もう2度も初めての体験をしたんですから。

引きながら最後の携行タンクが気になりだして、
余所見をしていた、その時でした!(たぶん11:45くらい)
ガッコン! ギュワーーーーー!
最初のガッコンっていう音がヘンでした。
見ていないので予測ですが、
カジキがルアーを後方から食い上げて水面に出たんじゃないかな?
んで、ロッドのタメが戻ってロッドホルダー内でロッドが暴れたんだと思います。
「きた!!!」
僕は思わずまたまた声に出していました。長く引いていたボブシュナイダーです。

そして振り向いたその瞬間。
青黒いカジキが体半分を水面から出してジャンプ!
「カジキだ!!!本当にきた!!!」
無意識でカジコンを微速前進にしてもう一方のタックルを巻き上げようとすると、
またしても、ジャンプジャンプジャーーーンプ!

ドラグが黄色い悲鳴をあげた瞬間。
バチーーーン!
PEラインが高切れしました。
「えーーー?!」
僕は疑ってタックルの糸を確認します。
しかし、間違いなく切れています。
どうすることもできなくて呆然とする僕。
カジキは糸が切れていることを知らないかのように
振り切ろうと2度3度とジャンプを繰り返しています。

やっと静かになってロッドを掴もうとすると
手はブルブル膝はガクガク震えていることに気付きました。

凄いぞーーーーー!カジキは本当に居るんだーーーーー!
感動!!! 今度こそ捕まえるぞーーー!

★追加の記事
【このフライングギャフ使う日はいつ?】

【新しく購入したボブくん】

2006年度の!
トローリング釣果: カジキ0 シイラ13 ソーダ1
ジギング等釣果 :サバ7 アジ1
これまでの最大魚シイラ140cm→画像1画像2
           (重さなら30kgのコレも!苦笑)
2005年度の!
トローリング釣果:カジキ0 シイラ28 カツオ3 イナダ2 ソーダ1 サバ12
ジギング釣果  :シイラ1 カツオ1 サバ49 サメ1

ブログランキング参加中!

ポチッとしてね!


痛恨のバラシ特集! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。